GOZENSAMAcom 

御前様こと大本山護国寺第五十三世貫首 岡本永司大僧正台下を慕う有志が、御前様の許可を得て作成しているブログです。

2011年03月

「苦について」

平成23年3月27日(日)

「苦について」

http://www.youtube.com/watch?v=SJGV2Jtl8AU

http://www.youtube.com/watch?
v=Nt42Rg2a2PU&feature=related 

 

苦という字は音読では「く」訓読では「にがい」と読まれます。苦によって表現される言葉を音読では苦心、苦労、苦痛、苦行、貧苦などがあり訓読では苦手、苦味、苦虫などと使われております。

このような苦という意味を辞典では損悩逼迫の儀とか身心を逼迫して不快なる状態などと出ております。即ち精神面、物質面にわたって私達人間に及ぼす苦痛や悩みをいい、人生に於ける様々な障害や不快な状態を申しております。私達が生活して行く上でこうした苦しみ悩み悲しみなど思うようにならないことが次々に生じて来ることは皆様ご承知の通り避けられない現象であります。

この事を御釈迦様は「人生は苦なり」と申され、仏教の根本思想を表す一つとして「一切皆苦」と説いております。仏教は何故私達はこうした「苦」を受けなければならないのか、その理由や根拠を問いつめ更にそこから脱れる道を説き自らにふりかかる避けられない苦を尊い経験としてそれを土台として人生を強く生きて行くすべを示しております。この苦について経典では
内苦(自分の身心より起きる苦)
外苦(外界からの作用によって起きる苦)
苦苦(不快なものから受ける苦)
壊苦(好きなものがこわれて行く苦)
行苦(万物が変るのを見て起きる苦)
その他人間として生きて行く上に必然的に起きる生・老・病・死などがこまかく説かれております。

以上私達が経験する苦は内面より起きるもの、外界より起きるものとの二つに大別されますが、いずれにしても私達人間は苦即ち思うようにならないことの多い存在であることをしっかりと認め、その上に立って心のあり方、日々の生き方を定めて参りたいものであります。

大本山護国寺貫首 岡本永司

「お彼岸にちなんで」

 平成23年3月20日(日)

「お彼岸にちなんで」

http://www.youtube.com/watch?v=SJGV2Jtl8AU

 
http://www.youtube.com/watch?v=eehxmd96KGM&feature=related 

 

彼岸会(ひがんえ) (波羅密多)パーラーミータ

(とう)彼岸(ひがん) (向こう岸に渡る)安らぎの世界即ち浄土(悟りの世界)(完成)

(し)(がん) (娑婆)迷いと苦しみの多い私たちの生きている世界

三途(さんず)(かわ) 貪・瞋・痴の三毒に流されて、なかなか浄土に到達できない

浄土に至る実践行を六項目に示している。これを六波羅蜜(ろくはらみつ)という

 

六波羅蜜(六度行)

布施(ふせ) 欲張らないこと そうすると人に信用されるようになる

持戒(じかい) 約束を守ること そうすると人に信用されるようになる

忍辱(にんにく) 怒らないこと そうすると人と争わなくなる

精進(しょうじん)怠けないこと そうすると仕事が進みはかどる

禅定(ぜんじょう)気を散らさないこと そうすると心が落ち着く

智慧(ちえ) よく考えること そうすると物事がよくわかってくる

 

お彼岸の七日間はなくなられたご先祖様に感謝すると共に、この六つの事を守りますとお誓いする、春秋の「生活のくぎり」の期間であり、私たちの日常生活への反省と努力をすることであります。


大本山護国寺貫首 岡本永司

関東東北大震災物故者慰霊法要

平成23年3月13日(日)

平成23年東北地方太平洋沖地震慰霊法要

 
http://www.youtube.com/watch?v=68bdJ-H0SBw&feature=youtu.be

「独鈷・三鈷・五鈷」

平成23年3月6日(日)

「独鈷・三鈷・五鈷」

http://www.youtube.com/watch?v=bCQr8wRf12E&feature=youtu.be&a



皆様御承知かと思いますが、水前寺清子さんの唄に「いっぽんどっこの唄」というのがあります。この「いっぽんどっこ」とは実は仏教の言葉であります。漢字に書くと独鈷となります。これはインドの神インドラ神の武器でヴァジラ(鈷)であって怨敵を征伐し悪魔を払う道具であります。これが仏教に取入れられてからは護身の道具であり、又煩悩を打ち砕く法具とされました。特に密教では大日如来の真如法界を表すものであると共に、煩悩をはらってまっすぐに進むという教を現すものとされております。鈷は主として金属で作られており、握りの両端に一つずつ瓜のあるものを独鈷といい、三つ瓜があるのを三鈷、五つあるのを五鈷と申して特に真言密教では前述のように身を護ると共に自らの煩悩を打破りおさとりへの道を開く大切な法具となっております。言い伝えではかつて弘法大師が唐に渡り真言密教を伝授され、日本に帰る途中の船の中よりこの三つの法器を我国に向って投げられその内独鈷は室戸岬にとまり、三鈷は高野山にとまり、五鈷は京都にとまったということで現在それぞれの所に青龍寺(豊山派)高野には金剛峰寺、京都には教王護国寺(東寺)の三ヶ寺が弘法大師の開基の寺として建てられております。その他弘法大師は常にこの鈷を所持されて各地に弘法の井戸や弘法の湯(トッコの井戸、トッコの湯)などもこの独鈷で堀あてられたといわれております。そうした霊験ある独鈷を私たちは心の中に持つ心構えと共に大日如来初め諸仏菩薩に護られながら、自らの道をきりひらいて参りたいものであります。

 

大本山護国寺貫首 岡本永司

日大豊山卒業式

平成23年3月1日(火)

日大豊山卒業式

http://www.youtube.com/watch?v=5OyjaF0OQ74

東海道五十三次の53とは「華厳経」に登場する善財童子が53名の師を経て普賢菩薩の元にたどり着いたことに由来してるとか。 
  • ライブドアブログ