平成22年12月26日(日)


http://www.youtube.com/watch?v=kP61c1KYYjY

「一 代 守 本 尊」

  人間一代の守り本尊を定めて帰依することは古来広く行われており、その本尊を選定することは月、日によって三十日秘佛或いは結縁灌頂や霊感を、もって感得した佛菩薩を定める方法がある。

しかし一般的には、千手観音、虚空蔵菩薩、文殊菩薩、普賢菩薩、勢至菩薩、大日如来、不動明王、阿弥陀如来の八尊を十二支に配当しその生れ歳によって配される。


子(ね)歳生れの人の守り本尊

千手観音「オン、バザラ、タラマ、キリク」


丑(うし)寅(とら)歳生れの人の守り本尊

虚空蔵菩薩「オン、バザラ、アラタンノウ、オンタラク、ソワカ」


卯(う)歳生れの人の守り本尊 
文殊菩薩
「オン、アラハシャ、ノウ」


辰(たつ)巳(み)歳の人の守り本尊 
普賢菩薩
「オン、サンマヤ、サトバン」


午(うま)歳の人の守り本尊 
勢至菩薩
「オン、サンザン、ザンサク、ソワカ」


未(ひつじ)申(さる)歳の人の守り本尊 
大日如来
「オン、アビラ、ウン、キャン」


酉(とり)歳の人の守り本尊 
不動明王
「ノウマク、サマンダ、バザラダン、カン」


戌(いぬ)亥(い)歳の人の守り本尊 
阿弥陀如来
「オン、アミリタ、テイゼイ、カラウン」

かくの如く八尊を十二支に配当しているがその根拠は明確ではない。

大本山護国寺貫首 岡本永司