平成23年2月27日(日)

「機嫌・
譏嫌」



http://www.youtube.com/watch?v=HPlRxH_odvU


上機嫌とか御機嫌伺いなどと私たちは日常使っております。
辞典には気持とか顔色などと出ておりますが、この機嫌は本来は譏嫌と書くのが本字であります。議とはそしること、嫌はきらうことで、そりきらうことを申しております。
仏教の戒律の中に譏嫌戒という戒律があります。これは他人から譏嫌されないための戒のことで僧尼のたしなみとしての戒であります。

一例として、にら、にんにく、らっきょう、しょうが等の強い臭いのする野菜は別にそれを食べたからといって悪いわけではなくて、又お酒を飲んでも罪になることではありません。
しかしこれ等を食べたり飲んだりしたことで人に嫌われるもとになることがあるかも知れないということで、これ等を口にしてはならないという戒が定められました。
禅寺の山門脇に「不許葷酒入山門」と書かれた札などがかかっておることがあります。
葷とは前述のような臭い野菜のこと、酒は御承知のことで、これ等を口にした者は寺の中に入ってはならぬということで、寺の中では人様から譏嫌されないように身だしなみに心を配れとの、おくゆかしい配慮が示されております。
そのことから自分の接する相手の気分の善し悪しをも言うようになり、更に広く相手の事情などをさすことになったのであります。ところで「正法眼蔵」に「時は人の譏嫌をかえりみず」とあります。
自然の移り変り、日時の経過は人の譏嫌などに気を使ってくれません。私たちはそうした事を心に置いて自らを正し、仏道を実践して参ることにいたしましょう。

大本山護国寺貫首 岡本永司