「八 部 衆

 

 インド神話に出て来る神々の中で仏教に採り入れられ、仏法守護となった八種の神々である。

 

一、天 インド神話の総称。天は梵天、帝釈天のように鬼神の中でも最も果報の部類に属している。

 

二、竜 水中に住み、雨を呼んで大地に豊穣をもたらす神、蛇を神格化した像、中国、朝鮮、日本では霊獣で想像上の動物、仏教では竜王として仏法守護の神となる。

 

三、夜叉 梵名ヤクシャの音写、捷疾鬼とも呼ばれている。インド神話の中で人を害する暴悪の鬼だが、仏教に採り入れられ毘沙門天の家来となり、仏法守護の鬼神となる。

 

四、乾闥婆 梵名ガンダルヴァの音写で尋香、食香などと漢訳されている。インド神話で香を食べる妖精で音楽の神で、仏教に採り入れられ、胎児、小児の守護神となり帝釈天に仕える、獅子冠をつけているのが特徴である

 

五、阿修羅 梵名アスラの音写で、非天、不端天とも訳される。修羅ともいう。インド神話で戦争を好む神で常に帝釈天と争っていた。仏様に入り守護神となる。

 

六、迦楼羅 梵名ガルダの音写でインド神話に出て来る大鳥で悪竜を常食する鳥の王で、仏教に採り入れられて梵天大自在天、文殊などの化身とされ仏法守護の神となった、金翅鳥と同一視されている。不動明王の火焔光背をカルラ焔というのはこの鳥が羽をひろげた形に似ているところから来ている。

 

七、緊那羅 梵名キンナーラの音写で馬頭人身の鬼で天上で音楽の神とされている。美しい声をもつ歌神、乾闥婆と並んで音楽神として八部衆となる。

 

八、摩睺羅伽 梵名マホラガの音写で大蛇を意味する無足で地をはう竜といい、体は人、首蛇の姿で音楽の神として仏法守護の神となる。
 
 大本山護国寺貫首 岡本永司